忍者ブログ

みんのゲーム関連のブログ

フリゲとか自作楽曲などを作っている人のブログです。 好きなようにやってます。

ゲーム豆知識「横スクロールACTにおける片目隠れキャラの難点」

豆知識です。
大豆くらいの小さなもんですが。



今作ってるフシオツに目隠れキャラを出してみました。
いつもどおりの女の子のボス敵です。

根暗っぽくて良いですよね、目隠れ。
こういうキャラが攻略できるギャルゲーやりたいです。
かといって露骨にヤンデレの味付けされるのはやだけどね。
ちょっと腐女子っぽいノリの引きこもり系なキャラで最初はツンデレだけど3回くらいイベントこなすとデレてくれる娘がいいですね。
……いやデレたあとにヤンデレになったりしたらちょっと良いかも。




……。
まあやりたい恋愛シミュレーションはさておいて、
この記事はアクションエディター4でのゲーム制作の話です。
もしかしたらAE4以外では記事タイトルの事象が適応されないかもね。


まず一応説明すると横スクロールというのはあれですマリオとかのあれ。
私が制作しているゲーム「悪魔メイドの不思議なお使い」は基本的にその横スクロールというジャンルなのです。

それでもって、横スクゲーのキャラクターは基本的に←向きと→向きをのイラストで作られてます。
きっと普通のゲーム制作では←向きは←向きだけのイラストで→は→で描くのだと思います。
(AE4以外でまともにゲーム制作したことないから詳しいことはわかりませんが)

ですがAE4は少し違ってキャラの絵は
(製作中ゲームの別ボス) 
これだけで十分なのです。

右を向く命令を出せば勝手に左右反転してくれてこれ以外の向きを描く必要はありません。
これはすごく良い機能ですよね。
(ジャンルが違うんだから参考にはならないけど)RPGツクールとかなら上下左右全てのドット×歩行パターンを描かなければならないのに対しこちらは歩行パターン2つと攻撃パターン2つで良いのですから、ドッター以外の人も手を出しやすいと思います。
やはりAE4はゲーム制作初心者に最適ですね。


このようにAE4の機能(仕様)は素晴らしいのですが、
片目隠れキャラには少々問題が出てきます。


例えば上記の目隠れキャラの顔グラは顔の左半分が隠れてますよね。
つまり例に上げたドットのようなカメラからすれば「目を隠した髪が見えない状態」です。
「カメラからして左を向いている状態」なので当たり前ですよね。
それはそれで良いんですが問題は、これまた当たり前ですけど「カメラからして右を向いた状態」になったときですよね。



ゲーム上ではこう表示されます。
もしこのキャラが目隠れキャラだとしたら
目隠れの髪が消失してますよね。

困りましたねー。
どうしましょう。




ってお話です。












この記事は、
「AE4で横スクロールACTを作る場合目隠れキャラを出すのは控えましょう」
という記事。


……解決策はありません。
(専用BMPを使って→向きの目隠れドットを打ち込みキャラの向きを固定して右を向くたびに「右を向いた」変数を正にしてアニメーションで擬似的にさせながら「右を向いた」変数を使い攻撃パターンもまた→向き用に変更する……という手も思いつきましたがちょっとでも間違えると表示がバグるし面倒なので私はやりません(何言ってるのかわからない人はわからなくてもいいです、私も何書いてるかわかりませんし多分間違ってます。まあ解決策は無いのは多分間違ってませんけど))



でもやっぱり目隠れキャラは出したいので「顔グラは目隠れだけどドット上では目隠れじゃない」という策をとることにします。

目隠れ好きには愚策だし邪道と思われるかもしれませんがお赦しを。






……おわりです。


ここまで読んでくださりありがとうございました。









目隠れとかアシンメトリーキャラを描かないなら基本的にグラフィックの面ではAE4は普通のゲーム制作ツールに遅れを取ることは多分そんなに無いのでツクールでゲームを作り始めてはエターナってやめてるゲーム制作初心者の方々はAE4に手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
多分一番簡単にゲームを作れるフリーソフトだと思います。

それとなんとAE4は横スクロールACTだけでなく東方みたいなシューティングも作ろうと思えば作れます。
(というかそっちのが基本、楽だしセンスと努力しだいで横スクロールより派手で見栄えの良いものが作れたりするかもしれません)

AEシリーズは下のリンクのサイトでダウンロードすることができます。
利用規約をよく読んで使いましょう。
http://omoshiro-game.com/

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
MIN
性別:
男性

RSS

ニコ動のやつ。

P R